マグラックス アローゼン 違い

マグラックスとアローゼンの4つの違いとは?

マグラックスとアローゼンは、どんな違いがあるのでしょうか?

 

どちらも便秘のときに、よく使われている薬なので、便秘で病院へ行ったことのある方で、この名前を知っている人は少なくないと思います。

 

しかし、具体的になにがどう違うのか、意外とよく分からないまま使ってしまっている人もけっこういます。

 

それぞれ副作用や体の中での働きなどが違い、特に妊娠中の妊婦さんや他に持病がある方、便秘で何度も常用している方などは注意すべき点などもあります。

 

そこで、今回はマグラックスとアローゼンの具体的な4つの違いについてお伝えします。

 

マグラックスとアローゼンの違い1:下剤の種類

 

マグラックスとアローゼンの違いの一つ目は下剤の種類(タイプ)の違いです。

 

どちらも大まかに言ったら同じ下剤系の薬と言えますが、ざっくりと分けると下剤の中にも、ふたつの種類があります。

 

ひとつ目が”塩類下剤”で、ふたつ目が”大腸刺激性下剤”です。

 

そして、マグラックスは塩類下剤で、アローゼンは大腸刺激性下剤にあてはまります。

 

マグラックスとアローゼンの違い2:働きや作用

 

マグラックスとアローゼンの違いの2つ目は、働きや作用の違いです。

 

マグラックスは腸内の浸透圧を高めることによって便に水分を集めて便を柔らかくし、その結果、排便をスムーズにします。

 

そのため、それほど即効性は期待できないものの、比較的刺激が少なく、おだやかに作用することが特徴です。

 

一方のアローゼンは、大腸を直接的に刺激することで強制的に腸のぜんどう運動を起こさせ、排便のスピードを高めます。

 

そのため、一般的に服用後、約8〜10時間程度で効果があり、即効性に優れていることが特徴です。

 

マグラックスとアローゼンの違い3:副作用や注意点

 

マグラックスとアローゼンの違いの3つ目は、副作用や注意点です。

 

マグラックスの主な副作用としては、腹痛、下痢、嘔吐、悪心、などがあります。

 

マグラックスは比較的、副作用の出にくい薬と言われていますが、100%安全というわけではありません

 

特に、長期的に飲み続けていたり、心臓や腎臓に不安のある方は、高マグネシウム血症などのリスクが高まるため、使用には注意が必要です。

 

(高マグネシウム血症などの詳細については、こちらのページで解説しています。)
 → マグラックスによる下痢や腹痛、吐き気は要注意

 

また、妊娠中の妊婦さんやお腹の中にいる赤ちゃんに対して、どのような影響があるのか不透明なところもあるので、妊娠中の方が使用する場合は慎重に使用することが大切です。

 

アローゼンの主な副作用については、腹痛、下痢、嘔吐、悪心、発疹などがあります。

 

このタイプの薬は即効性が期待できる反面、腸への刺激が強いので、長期的に使用し続けた場合に大腸メラノーシスなどのリスクが高まり、下剤(薬)への依存症に発展してしまうパターンが知られています。

 

使い続けているうちに下剤の効きが悪くなってきた → 効かないからさらに使う → 下剤がクセになって、下剤なして自然な排便を自力でするのが難しくなってきた…… という下剤(便秘薬)依存症になってしまう方も少なくありません。

 

また、妊娠中の妊婦の方は、医師の判断で必要最低限の使用がされる場合がありますが、通常は禁忌となっているようです。

 

妊娠中に大量のアローゼンを突然飲むと子宮収縮を誘発して流産のリスクも高まってしまうので、特に妊婦さんが使用する場合は慎重に使う必要があります。

 

もちろん、どうしても必要なときに、信頼できる医師や薬剤師の指示のもとで、便秘薬(下剤)を適切に使うことが大切な場合もあります。

 

しかし、素人判断でむやみやたらに常用し続けるのは、長期的に見れば、さらに便秘を悪化させ自力での排便が困難になってしまう危険や、上記のようなリスクの可能性も考えられるので注意が必要です。

 

マグラックスとアローゼンの違い4:主成分

 

マグラックスとアローゼンの違いの四つ目は、主な成分です。

 

マグラックスの主成分は酸化マグネシウムで、アローゼンの主成分はセンノシドとなっています。

 

マグラックスとアローゼンの4つの違いのまとめ

 

  • マグラックスとアローゼンは下剤の種類が違う
  • マグラックスとアローゼンは働きや作用が違う
  • マグラックスとアローゼンは副作用や注意点が違う
  • マグラックスとアローゼンは主成分が違う

慢性便秘を解消するために私が一番役に立った方法とは?


 
HOME 目次 慢性便秘解消の秘訣 自己紹介 連絡先・免責事項