マグラックス 効果的 飲み方

便秘に効果的なマグラックスの飲み方

マグラックス,効果的,飲み方,

この記事では、便秘でマグラックスを使うときの、効果的な飲み方についてお伝えします。

 

マグラックスを飲む時に、ちょっとした飲み方のポイントを意識するだけで、かんたんにマグラックスの効果を高めることができます。

 

逆に、このちょっとした飲み方のポイントを外してしまうだけで、思うように効果が実感できずに効かない、という可能性が高まってしまいます。

 

この方法は、なにか特別なことをして、マグラックスの便秘改善効果を高めるものではありません。

 

マグラックスの性質を理解して本来の効果を引き出す、といったほうが正確かもしれません。

 

ちょっとした点を意識するかしないかのかんたんな話なので、もし良かったら参考にしてみてください。

 

具体的な飲み方

 

やり方としては非常に簡単です。

 

マグラックスの効果を高めるには、服用の際、同時に多めの水分をとることです。

 

マグラックスには、腸内へと水分を引き寄せることで、かたくなっている便を柔らかくする作用があります。

 

この作用が、腸内に水分が不足することで起きる便秘の症状に対して働きかけます。

 

そのため、肝心の水分をしっかり補給しないと、便を柔らかくするために必要な水分を充分に腸内へ届けることができないくなってしまい、そうなると効果が半減してしまいます。

 

なので、主成分のマグネシウムがしっかりと水分を大腸内へと引き寄せられるように、こまめな水分補給をこころがけるようにして、体内の水分量を意識的に増やすことが大事なのです。

 

飲み物は何がいいの?

 

ちなみに、飲み物なら何でも良いというわけではありません。

 

特に、カフェインには利尿作用があり、体内の水分を減らしてしまうので、カフェインの入っている飲み物(お茶、コーヒー、紅茶など)は避けたほうが良いでしょう。

 

おすすめはです。

 

水道水には塩素などの不純物が含まれている場合が多いので、できればミネラルウォーターや浄水器を通したきれいな水が良いです。

 

飲む量とタイミング

 

マグラックスを便秘対策の緩下剤として成人の方が使う場合、通常は1日2gが適量の目安です。

 

飲むタイミングや時間としては、食前または食後の3回に分けて飲むか、あるいは1日1回寝る前に飲むようにします。

 

いずれの場合も年齢や症状など必要に応じて使う量を調整します。

 

それでも効かない時は?

 

こうしたことを試しても、まったく効果がない、効かない、という場合は、安易に使う量を増やすと副作用や依存へのリスクも高まってしまいます。

 

なので、信頼できる医師へ相談しつつ、自分でも日常生活の中でできる方法を積極的に取り入れていき、できるだけ便秘薬に頼らずに自然に腸内環境を整えていくことが根本的に便秘を解消していくために大切です。

 

(特に注意が必要なマグラックスの副作用については、こちらのページなどでも書いています)
>>マグラックスによる下痢や腹痛、吐き気に注意

 

日常生活の中で、できるだけ自然に腸内環境を整え、なおかつ副作用の心配のない便秘対策の方法としては、こういった対策がおすすめです。

 

>>私が慢性便秘を解消して便秘薬がいらなくなった一番の方法

 

まとめ

  • マグラックスは飲み方の違いで効果の実感度合いが変わる
  • マグラックスの効果的な飲み方のポイントは多めの水分
  • コーヒーやお茶などのカフェインの入ったものは避ける
  • こまめに水分補給をしてたっぷり水を飲むことを心がける
  • それでも効かない場合は薬以外の対策も積極的に取り入れる

慢性便秘を解消するために私が一番役に立った方法とは?


 
HOME 目次 慢性便秘解消の秘訣 自己紹介 連絡先・免責事項